読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あやまま読書日記

一日ひとつ!なにかアクションを☆おすすめの本・マンガ・絵本・雑誌などを紹介していきたいです☆

「沈黙」遠藤周作

[遠藤周作]の沈黙(新潮文庫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校のとき、ちょうど大学入試のとき

作者が亡くなったから、センターに出るかもしれないと

先生に薦められた本です。

(年齢ばれた?笑)

 

はー?!と思って読みました

 

さーっと読めました。

 

興味深い本でした☆

面白いというには、かるすぎる本です。

 

日本文学って、特になんのかわりばえもしない日常を・・

美しさとか、表現方法とか、そうゆうのを、

ちんたらちんたら・・書かれても・・・^^;

私には理解できないの☆

 

これは・・

 

あー・・人間って

っていうか、大人になっても

悩み事って尽きないもんもんなんだ。

 

子供って、大人になればなんでもできると

思ってる人のことかな。

 

そんなにかわんないんだな。

 

ただ、自分の延長なんだ(^^)

と実感した本でした。

 

多分何度読んでも、そういう気持ちにさせてくれる本だと思います。

 

思い出や歌、場所なんかとリンクしている本は

そのときにタイムスリップさせてくれるもんですね☆